star_logo.png 臓器運動の解析で世界の最先端を走るスターメディカル

pankuzu_spc-2.png HOME > おもな活動 > ハイテク、ソフトウェア

title-dot.pngハイテク、ソフトウェア

  
   H.R.M関連ソフトウェア  

omona-hitec-1.png食道関連項目
  2012年シカゴ分類準拠による食道内圧の解析。2015年シカゴ分類準拠の追加

LES巾、PIP位置、LES平均圧、ヘルニアの有無、LES残圧、LES%弛緩率、食道収縮圧、食道収縮圧力幅、食道蠕動速度、伝搬収縮率、同時性収縮率、嚥下失敗率、ダブルピーク率、トリプルピーク率、DCI(>20mmHg)、DCI(>30mmHg)、LES弛緩最低平均圧、PB、DL、CFV

omona-hitec-2.png咽頭関連項

UES残圧、UES弛緩時間、UES復帰時間、咽頭最大圧、咽頭収縮上昇時間、咽頭収縮巾、咽頭収縮下降時間、咽頭伝搬速度、咽頭蠕動伝

omona-hitec-3.png出力タイプ

〈 参   照 〉      
UES   Upper Esophageal Sphincter 上部食道括約筋
LES   Lower Esophageal Sphincter 下部食道括約筋
PIP   Pressure Inversion Point 呼吸変換器
DCI   Distal Contractile Integral 遠位収縮総体
PB   Peristaltic Break 横紋筋、平滑筋間隔
DL   Distal Latency 食道蠕動運動のスピード評価
CFV   Contractile Front Velocity 収縮前面速度

 

Pressure Inversion Point