star_logo.png 臓器運動の解析で世界の最先端を走るスターメディカル

pankuzu_spc-2.png HOME > おもな活動 > 直腸肛門機能検査

title-dot.png直腸肛門機能検査


〈 主な検査項目  〈 病 状 (病 名)


・直腸肛門内圧測定
・直腸感覚検査
・直腸コンプライアンス検査 
・排出能力検査

・ヒルシュプリング病
・鎖肛
・肛門括約不全

  *直腸肛門由来の排便障害などの直腸肛門疾患に対して行う検査を言う

7_space.pngsystem-set2.png
7_space.png直腸肛門内圧計システム(GMMS4000/8L14)

  
   ハイレゾリューション・マノメトリー  

title-dot.2.png必ず律動波を測定できます(新生児用)

密なセンサー配置で必ず律動波を捉えられ、肛門反射の無い測定結果に確信が持てます。

title-dot.2.png測定結果が正確

引き抜き法による(静止圧)測定と比較してセンサーを動かさない為、より生理的な検査結果が得られます。

HRM_hil-n1.png

圧力センサー(2ch)を大気残り10chを肛門・直腸に留意するだけで直腸・肛門の静止圧を測定したものです。
(センサーは12ch配置しています)

top_title-bar5.png

HRM_hil-n2.png

センサー又は体動による測定部位の変動があるものの、センサー全長46mmで測定部位をカバーしている。
結果、バルーン拡張反射の弛緩が確認できる。

top_title-bar5.png

HRM_hil-n3.png

センサーは6mm間隔で10ch配置しています。随意時の直腸・肛門圧の測定です。